合法的な節税のために

活用することが住宅購入への第1ステップです!

住宅購入は人生の一大イベントともいえる個人の大事業です。
高額な住宅の購入を支援するために、国は様々な制度を用意しています。
それらを活用するかしないかでとても大きな差があります。
例えば「住宅ローン減税」を計算に入れなければ対象物件の購入を諦めなければならないかもしれません。
それらは最大限に活用しましょう。
詳しくは下記をご覧ください。

サービス紹介

フラット35適合証明書発行

会社設立支援

フラット35適合証明に関することなら、何でもご相談ください。
フラット35の適合には、マンション・戸建てともにそれぞれに住宅金融支援機構の定める要件があります。
旧耐震の物件でも機構の定める耐震の要件をクリアーすれば発行が可能です。まずはご相談ください。

耐震基準適合証明書発行(新耐震設計のマンション・戸建て)

税務コンサルティング(顧問契約)

耐震基準適合証明書は、新耐震設計のマンションではほぼ問題なく取得が可能です。
しかし戸建ての場合では耐震診断にて基準をクリアーする必要が有ります
取得が可能か否かの事前相談も承っております。

戸建て住宅の耐震基準適合証明と瑕疵保険

セカンドオピニオン

既存戸建て購入に当たっては、登記費用の減税や住宅ローン減税を利用するために「耐震基準適合証明書」の取得したいところですが、戸建ての耐震基準適合証明書の取得はとてもハードルが高いです。「耐震基準適合証明書」の取得の可能性とその代替案をご紹介いたします。

耐震基準適合証明書発行(旧耐震設計のRC壁式マンション)

会社設立支援

「耐震基準適合証明」は、新耐震基準に適合していることを証明するものです。
なので旧耐震の建物は基本的に対象外となります。
しかしながら、[RC壁式構造]に限ってはその限りでは有りません。
旧耐震ならではの審査プロセスがあります。

ホームインスペクションと既存住宅瑕疵保険をご提供

税務コンサルティング(顧問契約)

ホームインスペクションは、別名「建物状況調査」とも言います。
この「建物状況調査」で合格すると「住宅瑕疵保険」に加入することが出来ます。
その「付保証明書」を取得すれば、登記費用減税・住宅ローン減税等を利用可能です。

ページの先頭へ

--